"「生きるということ自体が、苦痛と苦悩にまみれたけもの道を、強制的に歩く行為なのだ。だから死は、一生懸命に生きた人に与えられるご褒美なんじゃないか」"
"わたしはそれまで、給料は我慢料だと思っていた。できれば、自分のしたい仕事に就きたいと思っていた。
それは、わたしに関しては間違っていた。給料は我慢料じゃなくて、お客さんが喜んでくれたことの対価だし、したい仕事に就けていたけれど、向いていなかったらちっとも楽しくなかった。"
"働くというのは、人に喜んでもらって、お金をもらうことなんだ。"
"現代で「信仰」と言ってしまうと
宗教という枠の内側で考えがちですが、
本来は、もっと
「生きかたを支えてくれるヒント」を
探り出す行為‥‥なのかも。"
"──
沈黙とか、暗闇とか、
あるいは「自然」でもいいんですけど、
人はなぜ、そういうものに
恐怖や畏怖を感じるんだと思いますか?

大三郎
ぼくたちに、
まったく関心ないからじゃないですか。

沈黙とか、暗闇とか、自然って。"
Journal — Amy Osaba Events
Amy Osaba Events
Simple Lace Wedding Boudoir Wedding Ideas| Wedding Ideas | OnceWed.com
"では、なぜ不十分なことを自覚しているのに未熟なままでエントリを上げてしまうのかというと、理由はたった1つで、「そんなことをいっていたら永遠に何も書けないから」です。"
"仕事は食うため、生きて行くためのもの。どんな仕事であれ、ストレスにならない程度の仕事は持っていたほうがいい。その仕事が、「たまたま」生きがいや、やりがいに、あるいは、自分の評価につながったらラッキー! と思えばいい。"
"だったら、自分が、やりたいと思うことをやればいい。自分がやりたいと思うことが、中長期的に、いちばんパフォーマンスが上がるからです。"
"私はね、モチベーションって、たったひとつだと思ってるの。幸せになりたい――。それでいいと思うの。"